うつ体験談 ブログ

うつはこころの風邪?ーうつ病体験談1

更新日:

私が初めて心療内科を受診したのは4年前の6月でした。

朝早く目が覚めて眠れない、もともと疲れやすい体質ではあったものの、今までにないだるさを感じる、家族と外出しても楽しくない、こんな状態が1か月ほど続いたのでこれは病院に行かなければ、と思ったのです。「うつはこころの風邪」というフレーズが頭の中にあり、薬を飲めば治るものと思っていました。

とてもしんどかったので、予約がすぐ出来て早く受診出来る病院に行くことにしました。ありがちなことですが、夫や親からは気分転換に大阪でも行って遊んで来たら?などと言われました。そんな人混みに行けるほど元気ではないのです。仕事も書類整理をするふりをしてサボっていました。

いつからどのような症状か、家族構成、仕事内容や毎日の過ごし方の他、最近変わったことを問われました。そういえば仕事の内容が少し変わったのですが、それがストレスになっていたとはあまり思えません。今から思えば育児や仕事で少しずつ疲労がたまっていたのでしょう。その半年ほど前からニキビがなかなか治らなかったり、ものもらいができ目が充血したりしました。また、半年に一度検診に行っているのに一度に6本も虫歯が見つかったのもその頃です。

「軽いうつ病」と言われ、処方がパキシル10mg、メイラックス1mg、レンドルミン0.25mgそれぞれ1日1錠ずつ。

3日で楽になり、ああ、早めに受診して良かったなと単純に思いました。今から思えば抗うつ薬がそんなに早く効くことはないでしょう。睡眠薬でよく眠れたことが楽になった要因だと思えます。抗うつ薬、向精神薬を続ける必要があったのかは疑問です。通院は続くのですが、また書かせてもらいます。

-うつ体験談, ブログ

Copyright© 無痛整体 なごみ堂 , 2019 All Rights Reserved.